PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぶらり犬旅~ぐるっと萩市内編~

旅行中に毛ががっすり抜けたなずなさん。
一月経つのにまだ冬毛が生えてきません。そろそろ寒いやろ?
しかし何故やつは、私がOO(Office Obasan…レディは図々しいしな)スタイルに着替えたら、すりよってくるのだ!
猫さんのように身体をすりすりしてきます。
しかも、色の濃い(=抜け毛の目立つ)服着てると、より執拗に…。
そんなに嫌がらせがしたいか(涙)。

さてさて、萩の朝でし。
明けて翌日はからりとよいお天気。
なずを引き取りに行くまでに、ちょいと宿近辺を散策することに。
(今回、写真が多目となってます。ご了承くらさい)

まずは吉田松陰神社&松下村塾。
歴史が苦手な私は、特に幕末から明治維新となると、さっぱりわからんちん。
この時代って高知の偉人が活躍しまくりんぐなんだけどね、ぶっちゃけ具体的に誰が何したかわかっちょらんよ(笑)。
なので、長州なんてもっての他。

▼ふむふむ
ふむふむ

うちの両親も歴史はさっぱりですが(大河ドラマは好きで見てるらしいが、前夜に篤姫を見ながら「これは誰?」って聞いたら「わからん」って、おかん…)
柴次郎母は、歴史小説もよく読まれるので、とても歴史に詳しい。
いつも何処かに出かけたときとか、色々教えてくれるので、柴次郎母と一緒だと、勉強になったのですが。

▼しょうかー。ここが松下村塾か
しょうかしょうか

▼松下村塾の奥に吉田松陰神社が
とりいちゃんふたたび

ほーへーはーと、あまり学のない私たちはそこそこに、近くの伊藤博文生家および別邸(これは東京から移したもの)に移動。
伊藤博文……お札の人だ。

▼いくらだったっけ…
いくらだっけ?

▼別邸は実際の1/3
ちょうしゅうふぁいぶって・・・

なのに広くて、別邸でこれってことは、本宅はどんなんだったんだろう~とぽか~ん。
やはり、名を成す人は違いますな。
別邸の前に「長州ファイブ」の説明書きがあり、人だかりが。
しかし、そのネーミングセンスは如何なものかと。どんな戦隊ものやねん。
と思っていたら、ロンドンで名づけられたとか。
ロンドンロンドンゆかいなロンドン。

この後、近くの道の駅「萩しーまーと」をぶらりぶらり。
魚がおいしそうだったんだけど、さすがにクーラーボックスなしで一日おいとけないよねーと、買い物を断念。
次これることがあれば、こちらでご飯とか食べたいな。
刺身定食とか超うまそうでした。じゅるり。

そしてお待ちかね、なずをお迎えに。
お店について「すみませ~ん。昨夜預かっていただいた○○なずなですけど~」と、声をかけて、お店の人と話していると…
店の奥から「ぎゃぎゃん!きゅわわわん!」と、ヒステリックなんだか甘えてるんだか微妙な声が(恥)。
いっちょ前に、声だけでおとうさんおかあさんが迎えに来たことが分かったようです。
夜はちょっと鳴いていたらしいですが、おおむねいい子だったそうで。
お土産をもらって、合流。お店の外で、車から降りて待ってたじいちゃんにも熱烈に飛びついてみたり。

さあ、さみしい思いさせてごめんね!一緒に武家屋敷散策だよ!

▼おとうさん、はやくはやく!
やほー!

うれしそうに、抜け毛を撒き散らしながら歩いておりますな。

▼萩焼まつりだってー
まつりだまつりだ

焼き物好きのおかん(自らも陶芸をやってます)と、見るだけなら好きな私(欲しくても買えない)とが率先して見に行きます。
売り子のおじさんが、なずに興味津々で「お、いいねーわんちゃんも一緒か」「わんちゃんのご飯用にお皿どう?」と、声をかけてくれますが、犬には勿体無いべ(笑)。

▼円政寺
きんぴらたべたい

こちらには、大きな天狗のお面がまつってあるそうですが、なず連れなので外からお寺さんを眺めるだけに。
あれ?ていうか、お寺さんなのに鳥居?金比羅社とも書いてる…な、なんだ?
ま、まあいいか。

▼木戸孝允の生まれたところ
こういんやのごとし

なずなさん、こっち見てくださいよ…。
こちらのおうちは無料で中を拝見できるのですが、なず連れなので以下略。
両親は、せっかくだから見ていたので、うちらは外でしばし待つ。

▼あ、なんかいる
なんぞや?

▼なずでしたー
めやについとる

この辺の武家屋敷は、とても雰囲気のよいところ。
ぶらりぶらりと散策しているだけで、和みます。

▼のすたるじー
せぴあなおもひで

▼お仕事中の番犬
おしごとちゅう

雰囲気のよいカフェもいっぱいあって、お茶した~い!とうずうず。
でも、なず連れだし、お腹もいっぱいだしな~。

▼気になったお店
かへ1

かへ2

かへ3

でも新しいカフェが多かったんだけど、前はなんだったんだろう?ってかえって気になっちゃう感じ。
新しいカフェもいつか、古くなって町に溶け込むのかな。
そうなるまでがんばってほしいな。
また、おじいちゃんおばあちゃんになったときにも来てみたいです。

▼また焼き物にむちゅう
おかいもの

近所の人へのお土産をあーでもない、こーでもないと物色中。

▼ばあちゃん、まだですか?
まちぼうけ

このあと、ちょっとおかんとプチけんか。
なずが博物館の前でお小水をしたので、水をかけて流していたのですが、おっきい方を紙でとっていたと勘違いした母が
「ここに捨てればいいのに」
と、排水溝の穴を指すわけですよ。
わが母ながら、なんちゅー非常識な!
「そんな非常識なことできるか!マナーを守らないと、ほかの犬飼いにも迷惑かかるんだよ!」と怒ると
「そんないちいち…大体あんたは昔っからくそまじめで融通がきかんくてどうのこうの(愚痴続く)」
むっかーーーーーーー!!!
くそまじめとかそういう問題じゃないやろーーーーーー!!!!!
あー、今思い出しても腹がたつ(笑)

▼彼岸花で心を鎮めましょう
おひがんじゃけぇ

ふぅ。
さて、気を取り直して、秋芳洞へ向かいましょう!

スポンサーサイト

| なずな と りょこう | 09:04 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

トラッキーママさんへ>
さすが、元祖親父ギャグ愛好家さんは厳しいですな~v-12
柴次郎にもっと気の利いた親父ギャグを習ってくるね!

てっきりママさんが子供のころは、次のお札(今の一つまえのお札ね)になってたからわかんな~い!というと思ったのにな~。
そうか~。お札自体は、伊藤博文のころだったんだね(笑)!

母は、なんなんだろうな~。
たぶんね、旅の恥はかき捨てって思ってたんじゃないかな?
そうじゃないんだよ~。自分のテリトリーももちろん、出先でもマナーは守るべきだってことを云いたかったんだけどね…分かってもらえなくて、情けないやら悲しいやら。

焼き物、むか~し、社員旅行でやったことあるよ!
あまりのひどさに泣けた(笑)。
ママさんもれっつちゃれんじだよ!

目やには、なずは昔から左目だけ涙やけを起こすくらいよくでてるのよ~。
元の写真ではめやにがばっちりうつってたけど、縮小してるから見えなくなってたんだけどね。
一応、つっこまれたらいやだからさりげにカムアウトしてたのね(笑)。

| しばこ | 2008/11/03 08:16 | URL | ≫ EDIT

>>しょうかー。ここが松下村塾か
は、かる~~くスルーしときましょ!
もうちょっとお勉強してらっしゃいv-8

私は 源氏物語とか大奥ものがすきだけど
いまいち よく分かってないんだよね。
(将軍のことは パパの方が詳しい)

伊藤博文? 私は子供の時からカードで支払ってるから
よくお金のことは分からないけど…
たぶん 千円だと。

お母さん ちょっと間違っちゃいましたね!
くそ真面目とは違うよね?
ワンコ飼っていれば常識だよね?
って お母さんも飼ってるじゃんv-356v-356
お母さん 他にもなにか捨ててないかい?

やきもの、私好き!
いつか機会があれば作ってみたいな
たぶん センスがなくて 出来上がりをみて
ショックを受けると思うけど(笑)

ノスタルジックいいね~。
そうそう 武家屋敷のなでゅちゃんは 目ヤニがついてるんかい?

| トラッキーママ | 2008/10/25 14:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shibainunazna.blog69.fc2.com/tb.php/81-eb06c888

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。