PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

老いるということ

去年、実家のゆずが老衰で旅立ってからというもの、ちょくちょく別れについて考えます。

そして今、周りに二匹の老犬がいます。
ご近所のおばあちゃん柴っこ。
15歳ですが、今年に入ったあたりから歩くのもままならないようで、お散歩は抱っこ状態が多いようです。
ラブも一緒に飼っていらっしゃるのですが、柴おばあちゃんが元気がないときは、ラブちゃんだけお散歩しているようで…正直、ラブちゃんしか会わない日が続くとドキドキしています。
もう一匹は、1月から通っている職場の通り道にある不動産会社の看板犬のゴールデンレトリバー。
いつも店先でまったり寝ている姿を見ながら、会社にてくてく向かいます。
おそらくこの子も結構なお年。
…こんなことを云っては失礼かもしれないのですが、あと数年以内に、この子たちには会えなくなる日がくるんだなぁ、と思うのです。
いつもそこにいる筈の犬に会えない……それはすごく寂しいことです。

先日、ちょっとした事件がありました。
散歩がえりに、久しぶりに柴おばあちゃんを見かけたので、ちょこっとご挨拶によりました。
なずがくんかくんかしても、柴おばあちゃんは我関せず…というより、気づいていないかも?って感じで。
自分から寄って行くくせに、相手がご挨拶をかえそうとすると突然ブチ切れるなずですが、柴おばあちゃんはご挨拶返ししてこないから安心して、少し世間話をしてわかれようとした矢先。
突然、なずが柴おばあちゃんにかみつきました。
2度続けて。
柴おばあちゃんの「きゃひん!」という悲鳴が耳について離れません。
慌てて離したのですが、もう1度。計3回。
平謝りする私に、奥さんは優しく「多分、大丈夫よ」と。
そして「野生に戻っちゃったのかな。やっぱり自分より弱いものには襲い掛かっちゃうのかしらね」と。
それを聞いて、ああ、なんだかんだいっても犬は獣なんだなぁ、と思いました。
当たり前のことだけど「自分より弱いものには優しく。お年よりはいたわろう」なんて、考えは犬にはなく、好きか嫌いしかないんだなぁ、と。
でも人間におきかえて考えたら、25、6の娘っこが、70を超えたおばあちゃんにいきなり「なんかわかんねぇけど、ばばぁむかつくんだよ!」と、いきなり殴りかかったようなものですからね。
常々、なずを娘のように思っている私にはとてもショックな出来事でした。
そして、もっともっと気をつけて、二度とこんなことのないようにしなければいけない、と思いました。
今朝の出勤時に、いつものように抱っこされてる柴おばあちゃんを見かけて、少しほっとしましたが…。

そんななずなも、明後日、まるっと3才になるわけです。
相変わらずの犬嫌いですが、とりあえず本犬は元気にお誕生日を迎えます。

▼おかあさん、今日はなんだかシリアスなのね
ふう

誰のせいだと思ってるんだよ…。
スポンサーサイト

| なずな の こと | 20:22 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

トラッキーママさんへ>
そうなんですよね…なずは結構、野生が残ってる方かもしれないんですが、
ついつい普段は忘れて娘扱いしているのがいけないんでしょうね。
どんなとき、どんな相手でも油断しちゃいけないな、って改めて思ったですよ。
反省…。

葉山牛3キロだっけ?楽しみに待ってるね!

| しばこ | 2008/04/03 20:46 | URL | ≫ EDIT

どうしても愛犬は可愛いから 人間の愛娘や愛息子と同じようになって
犬の野生の部分を持っていることを忘れちゃうんだよね

ウチも (外では)おとなしいから大丈夫って思うけど
すごくいやなことがあったら 自分を守る為に噛むこともあるかもしれない。
気をつけなくちゃね


なでぅ 明日誕生日だよね?
プレゼントは買ってあるけど まだ送ってないの…。

| トラッキーママ | 2008/03/29 13:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shibainunazna.blog69.fc2.com/tb.php/59-b8ec2120

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。